ツキデ工務店 > 古民家町家再生施工実例 > (旧)枚方宿の町家再生

(旧)枚方宿の町家再生001

 

(旧)枚方宿の町家再生

竣工:2019年7月

*画像をクリックすると、大きい写真がご覧になれます。
この建物は、大阪府枚方市を走る「京街道」の(旧)枚方宿に建ちます。 「京街道」は、江戸時代、京都の伏見と大阪の高麗橋へとつながる淀川左岸を走る街道で、京都と江戸を結ぶ東海道五十三次から「伏見宿」・「淀宿」・「枚方宿」・「守口」と続く古道です。 その(旧)枚方宿には、今も当時の面影が残る建物が多くはないですが点在しています。 その京街道沿いに建つこの建物は、「表屋造り」と言われる建物形式の、蔵を含むと間口が10間半(約20m)の大型の町家です。 「表屋造り」とは、通りに面した「表屋」と呼ばれるミセ棟と「ゲンカンニワ」と呼ばれる中庭を介して居住棟である「主屋」がある町家です。 当初明治の建物かと推測していたのですが、工事中に天井をめくると「棟札」が現れ、「天保三壬辰九月吉祥日」と書かれていました。天保三年というと江戸時代、西暦1832年なんと187年前の建物です。

「表屋」の三つの「出格子」と「虫籠窓(むしこまど)」が連なるファサードは、当時のままの形状と思われます。ただ今回の改修で「出格子」の雨戸が収まっていた箇所に3枚の壁を新設し耐震補強をしました。

表から入った「ミセニワ」の写真左側の「大戸」と写真右側の「ゲンカンニワ」に通じる格子の「大戸」は、修理しガラスとポリカネートを入れ再利用しました。 写真正面は「ミセノマ」です。

「ミセニワ」を通り「ゲンカンニワ」から「ゲンカン」に客人が迎え入れられます。

「ゲンカン」には、縦・横の格子が細かく組まれた「舞良戸」の雨戸とその中に引き分けの障子が仕込まれています。これらの建具も修理し再利用しています。 玄関かまち周りは朽ちていたので桧材で新しくしています。

「ゲンカン」から「ナカノマ」「ブツマ」と続きその奥が「ザシキ」。 床下に断熱材、床の間の裏側の外壁は、外断熱で焼杉板張りです。襖は、たぶん江戸時代に書かれた思われる襖絵をきれいにはがして保存し、新しい襖紙に張り替えました。

「辰巳(たつみ)蔵」に接する、居住棟である「主屋」の敷地西側のガレージが隣接する面に、家人用の玄関を新設しました。

主屋に新設した家人用の玄関。

玄関を入ると左手に「辰巳(たつみ)蔵」の入り口があるのですが、それを隠すのに「横舞良戸」の古建具を再利用しています。

新しく設けた玄関のある場所は、以前は「おくどさん」があった高い吹き抜けのある広い土間でした。 今回の改修では、その土間に玄関・LDK・洗面浴室と大きな吹き抜けの一部に床を張り2階とし寝室と納戸を設けることに。

土間に床を張り家族が集う場にしました。

高い吹き抜けの一部に新たに床を設け小屋裏部屋に。

同じ小屋裏で一段低くなっている「落ち棟」の寝室に隣接する納戸。 太い「地棟」と「小屋梁」「煙返し」が見事です。

敷地の北側に二つの蔵があるのですが、2018年の大阪北部地震とその年の台風でかなり傷んでしまいました。そのために引き続きその蔵の改修です。

改修工事の様子はこちら→★★★