ツキデ工務店 > リノベーション施工実例 > 心地よく住み継がれる家 「築39年のリノベーション 大阪茨木の家」

リノベーション施工実例

 

心地よく住み継がれる家
「築39年のリノベーション 大阪茨木の家」

竣工:2015年10月
静かな住宅地に建つ築39年の中古住宅がリノベーションにより生まれ変わりました。区切られていた居間と台所をひとつにまとめ、隣接する和室とつなげることにより、22畳の使いやすく広々としたLDKを実現しました。そしてリビングに大きな吹抜けを設けることで、 光と風が注ぎ込む心地のいい開放的な空間となりました。またリビングからデッキを通じ庭へとつながるはき出し窓には木製サッシを採用しています。 この建物は空気循環システムを採用しており、夏は床下の冷気を室内に取り入れ、冬は温まった空気を家全体に循環させることが出来ます。耐震・断熱性能を高め自然な素材で仕上げることにより安全で健康的な住まいとなりました。

*画像をクリックすると、大きい写真と説明がご覧になれます。