ツキデ工務店 > 新築施工実例  > 京都市伏見区「中庭のある家」

新築施工実例

 

京都市伏見区「中庭のある家」

竣工:2011年6月
延床面積:126.33㎡(38.28坪)
京都伏見の奥行30mの敷地に建つこの建物は、街並みや景観に配慮して通りに面するガレージの前に門屋を設けています。 細長い敷地の中に前庭、中庭、裏庭を取り、通りから控えて建物を配置することで街中に居ながら静寂と緑を楽しむことが出来ます。 屋根に注ぐ太陽の恵みを暖房や給湯に使うソーラーシステム「そよ風」と、山の間伐材などを燃料にしたペレットストーブを採用した、環境にやさしい家でもあります。 アンティークのステンドガラスや木製サッシなど、随所に見られるお施主さまのこだわりが感じられる家です。

*画像をクリックすると、大きい写真と説明がご覧になれます。