ツキデ工務店 > 新築施工実例 > 2015年 新築施工実例> 京都市「赤松の丸太梁がある力強い家」

新築施工実例

 

京都市「赤松の丸太梁がある力強い家」

竣工:2015年3月
延床面積:139.13㎡(42.16坪)
この家はなだらかな斜面に建ち、南に面したリビングからは、斜面につき出すように広いウッドデッキがつづきます。玄関土間には来客者と座って話ができるスペースと大容量の玄関収納があります。
家族が集うリビング・ダイニングの天井は、ご主人のご希望で山陰地方の赤松の丸太を使用し、丸太梁と杉の梁がしっかりとかみ合う伝統的な架構法を用いました。屋根に降り注ぐ太陽の恵みを室内に取り込む空気集熱式パッシブソーラーシステム「そよ風」と山の間伐材などを燃料にしたペレットストーブを採用した環境に考慮した家です。そして国が定める長期優良住宅でもあります。

*画像をクリックすると、大きい写真と説明がご覧になれます。