ツキデ工務店 > 良い家とは > 大工のこと

 

大工ことツキデの家づくり


熟練大工のこと

日本は世界有数の森林国、その豊かな森林資源を活用し、世界に誇る木造建築文化が築かれてきました。その象徴の一つが世界最古の木造建築である法隆寺です。そしてそれらの木造建築を築き上げてきたのは職人たちであり、そのかなめは大工でした。伝統的技術は時代の流れの中で変わりながらも、職人たちの手により現在にも引き継がれています。
近年、構造材加工は機械まかせのプレカットが主流ですが、ツキデ工務店に培われ引き継がれてきた「大工」の知恵と技を活かした「手加工」にこだわります。木材の特性を知り、木の良し悪しを見分ける目をもつ「大工」が、良材を最大限に活かして自らの手で仕上げていく、それが強く安全に住める家づくりにつながります。

土台継手 土台継手

手鉋仕上げ 手鉋仕上げ


木組のこと

プランの段階で柱の位置、梁の組み方を考え、鉛直方向・水平方向に無理のない力の伝わり方を検討します。また柱、梁が「あらわし」になる真壁づくりの家は木組みの見せ方も重要です。柱、梁の組み方によって家の印象ががらりと変わります。木組本来の力強さと、造作に求められる繊細さを「あらわし」でかもしだします。

「 継手・仕口について 」
梁や土台を長さ方向に継ぐ接合を「継手」といいます。また柱と梁、梁と梁などの直角方向あるいは斜め方向の接合を「仕口」といいます。ツキデ工務店ではこのような接合部は、大工の手刻みによる伝統的な継手・仕口によって木と木を締固め、粘りのある構造にします。そしてそのうえに接合金物を使うことにより、一層の強度を確保します。例えば伝統的な柱と梁の仕口として「長ホゾ差込栓打ち」という手法があります。これは柱のホゾを100mmの長ホゾとし、梁のホゾ穴に差し込み、それぞれの材に掘られた穴(15~18mm)に「込栓(こみせん)」とよばれる堅木を打ち込むことにより引き抜きを抑えます。その際、それぞれの込み線の穴の位置を3mmほどずらすことにより、材同士を引き付け締固めます。このような木造の伝統的な接合方法を取り入れることによって、金物接合だけでは出せない、粘りのある強度が得られます。

長ホゾ差込栓打ち長ホゾ差込栓打ち01長ホゾ差込栓打ち02


「 大黒柱・大梁について 」
ツキデ工務店が標準とする、柱・梁の樹種と寸法は、柱は八十年生程の4寸(120mm)角の吉野桧、梁は百三十年生程の幅120mm×背240mmの吉野杉です。軸組の組み方によって、大きな力のかかる柱、梁が出てきますが、そのような柱は他の柱より大きな寸法とし、文字通り「大黒柱」にします。梁も同じで大きな力を負担する梁は寸法を大きくしたり、松や桧の丸太にしたりします。これらの大黒柱や丸太は、空間に力強さを与え、木造軸組みの美しさを象徴する存在にもなります。軸組を考えることは、強く安全な家をつくると共に、構造美を表現する上でとても大事です。

改修工事で丸太梁を入れた例大工について 大黒柱・大梁