ツキデ工務店 > 良い家とは > 木材のこと

 

木材のことツキデの家づくり 木材のこと


強い家づくりには、適材適所に良材を使うことが大切です。ツキデ工務店は、日本有数の良材である奈良県吉野産の杉・桧を「あらわし」でふんだんに使います。吉野材は淡紅色で香りもよく、年輪が緻密な為、構造材はもとより造作材としても優れています。梁材は百三十年生程の天然乾燥の杉、柱材は八十年生程の桧を主に使用しています。この良材を生む条件として、気候や土壌はもとより、吉野林業五百年の歴史の中で培われてきた人の手による、たゆまぬ工夫のもとになしえたものです。


「 密植 」
吉野林業の特徴の一つは密植です。他地域では1ha当たり4千本程度ですが、吉野では1万本植林します。密植することにより一本一本の木が競うように上へと伸び、木の幹から末に向かって均等な太さのすらっとした木に育つと共に年輪も緻密になります。



「 間伐 」
密植された木は、定期的に間伐が繰り返され、長伐期施業が行われ、最終的には二百数十年生の木が林立する山となります。梁材は百二~三十年で間伐された杉材を使用します。

杉の伐採の様子
百二~三十年生の杉の伐採の様子

「 葉枯らし乾燥 」
尾根側に向け伐採された杉は、葉をつけたまま数か月放置され、木に含まれる水分を蒸発させます。この手法を「葉がらし乾燥」といいます。葉枯らし乾燥のことは「渋抜き」ともいわれ、渋抜きすることにより吉野材の特徴である色艶が得られます。

葉枯らし乾燥
葉がらし乾燥

「 山から原木市場へ 」
葉枯らし乾燥された杉材は、4~6mの長さに玉切りにされます。この地方の山は急峻なため、ヘリコプターにより山の土場まで搬出される場合が多く、土場からトラックに積み込まれ原木市場へと運ばれます。

原木市場
原木市場の様子

「 原木市場から製材所へ 」
原木市場で競り落とされた丸太は製材所に運ばれ製材されます。一本の丸太の、側から様々な製品をつくりだす原板が挽かれ、最後に梁材がとれます。一本一本違う丸太の特徴を見極め、できるだけ商品価値の高い製品を挽くためには、熟練した製材技術と勘が必要です。

製材所での製材
製材所での製材(梁)

「 天然乾燥 」
製材した梁材は、桟積みにして屋外で一年ほど乾燥させます。木は乾燥すると強度が出ます。乾燥が進むと梁材は芯に向かって割れが走りますが、これは乾いたあかしです。天然乾燥にこだわる理由は、天然乾燥することで吉野杉の持ち味である色艶や香りを活かすことができるためです。それに対し、人口乾燥の場合はせっかくの吉野杉の色艶や香りを殺してしまいます。ただ天然乾燥の場合は、木によって含む水の量を示す含水率にばらつきが出ます。そういった際には、木を知り尽くした大工が技で工夫します。

天然乾燥
梁材の天然乾燥

「 そしてツキデ工務店加工場へ 」
このようにして多くの手間と時間をかけられた吉野材が、ようやく加工場へ届き、大工の手に渡ります。

ツキデ工務店加工場
ツキデ工務店加工場