1. HOME
  2. 読み物
  3. 【第12話】自然と家「縁側から」

【第12話】自然と家「縁側から」

先人が残した日本の建物は、厳しい自然から家人を守ると共に、心地よい風や光、豊かな自然の恵みを室内に取り入れる工夫もされてきました。自然を取り入れる工夫の一つが、外と内の間にある縁側です。縁側で夏にスイカを食べたり、夕涼みをしながら手花火を楽しんだり、天気の良い日には縁側に布団を干したり、また近所の人との談話の場だったりと、縁側は自然との交わりと生活の営みをつくります。 今回は、木の家の縁側を紹介します。

伊勢田の家
中庭のある家
畳広間の茶室増築
宇治木幡の小さな家
相楽台の家
宇治の景勝地に建つ「人の集う家」
縁側の風景

蒸し暑い夏を快適にすごすための工夫として、風を取り込む掃き出し窓と陽射しを遮る深い軒やひさしに簾、そして縁側と庭は日本の夏の風景の一つです。太陽が低い冬には、軒が陽射しを遮ることなく縁側に陽だまりをつくり、やわらかい光が室内へ届きます。

8畳広間の茶室増築
つくりつがれた庭をかこんで「懐かしの庭がある家」
宇治又振「数寄屋造りの家」
木の温もりを感じる「三宅八幡の家」
築80年の古民家再生 大和郡山矢田町の家

下之郷の家

大きな縁側 ウッドデッキ

リビングダイニングと続くウッドデッキは、塀や木々で外からの視線を遮ることで、リビングダイニンングの一部として、外に広がる開放的なプライベート空間となります。洗濯物を干す場だけでなく、季節の良い日に気楽にバーベキューを楽しめたり、小さなプールで水遊びが出来たり、観葉植物の手入れをしたりと、多様な使い方のできる場となります。また、室内からデッキへそして緑の庭と視線が通ると、小さなリビングでも広々と気持ちの良い空間となります。

大きな蜜柑の樹のある家
友人たちと集う木の家
美竹台 パッシブソーラーの家
京田辺 土壁の家
京都市山科区「小野の家」

八幡市「男山の家」

関連記事